就学援助制度(新型コロナウイルス感染症関係)

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯への就学援助について

 野辺地町では、経済的理由により就学が困難な小・中学生の就学を支援するため、学用品費や給食費等の経費に対する援助を行っております。

 この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、家計が急変して経済的にお困りの方は、学校又は教育委員会学校教育課へご相談ください。

 なお、すでに今年度の就学援助費の受給決定を受けた方は、申請は不要です。

 

1.就学援助の対象となる方

 町内の小・中学校に就学している児童生徒の保護者で、新型コロナウイルス感染症の影響で、離職、休業、売上げの減少などにより収入が激減し、以下の支給基準に該当する方

支 給 基 準

■次の①と②のいずれにも該当する方

  1.    新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年3月以降において、収入が普段のときより30%以上減少した月が1か月以上ある。
  2.    令和2年1月から12月までの収入見込みから計算した所得が、次の表の限度額以内である。
【所得制限限度額】
扶養親族の数 所得制限限度額 (参考)給与収入の目安
1人 87.0万円 160.0万円
2人 125.0万円 215.7万円
3人 163.0万円 270.0万円
4人 201.0万円 324.3万円
5人 239.0万円 376.3万円

※事業所得の場合は、収入から経費を差し引いた金額が所得となります。

2.申請方法

  1. 申請書は学校で配布しますので、必要な場合は学校へ申し出てください。
  2. 申請書に添付する書類(収入の種類により異なります。)

 給与所得者 

  • 令和2年1月から申請日の直近の月まで「給与明細書」又は「各月の収入金額が分かる書類」等の写し
  • 失業又は離職した方は、「離職票」又は「退職証明書」等の写し
  • 令和2年収入見込額申告書

 事業所得者(自営業、農業、漁業、不動産業など) ​​​

  • 令和2年1月から申請日の直近までの「帳簿」又は「各月の収入及び経費の額が分かる書類」等の写し
  • 廃業した方は、「廃業届出書」の控え又は「廃業したことが分かる書類」等の写し
  • 令和2年収入見込額申告書
※注意
  • 「申請書」及び「令和2年収入見込額申告書」は学校で配布しますので、申請を希望する方は学校へ申し出てください。
  • 申請内容によっては、上記の添付書類以外の書類を提出していただく場合があります。

3.申請受付期限

令和2年6月16日(火)までに、申請書及び添付書類を学校へ提出してください。

※上記以降でも申請を受け付けますが、認定時期が遅れた場合は支給額が減額となります。

 

4.就学援助費支給内容

       ※認定月により援助費が変わります。
費  目 小学校 中学校
学用品費  11,520円(全学年)  22,510円(全学年)
通学用品費 2,250円(2年生以上) 2,250円(2年生以上)
新入学児童生徒学用品費 50,600円(1年生) 57,400円(1年生)
校外活動費

実額(全学年)

※限度額1,580円

実額(全学年)

※限度額2,290円

体育実技用具費 26,240円(3・4年生)
修学旅行費 実額(6年生) 実額(2年生)
給食費 免除(全学年) 免除(全学年)