成人男性の風しんの追加的対策事業

風しんとは? なぜ、今、対策?

1 風しんは、発熱及び発しんを主な症状とし、飛沫感染により人から人へ感染し、感染力が強い病気です。(妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があります。)

2 風しんの公的な予防接種が開始されたのは昭和52年ですが、将来妊婦になる可能性のある女子中学生を対象に接種が行われてきたことなどから、接種機会の与えられなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた(現在40歳から57歳)男性を中心に風しんの抗体が低い人が一定数存在している状況です。

3 2018年7月以降、特に関東地方において風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性です。

4 2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、様々な国から多くの訪日客の増加が見込まれていますが、人の往来が活性化し、国内で流行している感染症の感染がこの期間中に拡大するおそれが懸念されることから、早急に今後の風しんの発生及びまん延を予防する対策が必要になっています。

■ 3年間限定で、風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けられます(1回限り)。

 

風しんの追加的対策について、厚生労働省作成した動画がyoutubeにて公開中です。(https://www.youtube.com/watch?v=IUQZN1J4zI4

対象者と事業の流れ

1 対象者は、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性となります。

2 令和元年度は、ワクチンの安定的供給のため、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた(現在40歳から46歳)男性に対して、7月1日付で案内(抗体検査及び定期予防接種の無料クーポン券含む)をお送りしました。

3 対象者のうち、希望する場合は、まず、風しんの抗体検査を受けていただき、抗体価が低い場合に定期予防接種を行ってください。

4 対象者の多くが働く世代の男性であることから、全国の医療機関等でも対応できるよう関係団体と連携して利便性の向上を図っています。(ただし、一部接種できない病院があります。)

【風しんの追加的対策(抗体検査・風しん予防接種)実施機関リスト】

野辺地町内の実施医療機関 PDF版〔147KB〕

○ 全国の実施医療機関(厚生労働省HP)  

5 1年目に案内をしない昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた(現在47歳から57歳)男性についても、希望する場合はクーポン券を発行しますので、お問い合わせください。

6 昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性で令和元年6月27日以降に野辺地町へ転入された方へ、野辺地町用のクーポン券を発行しますので、御連絡ください。

 

クーポン券を利用する際の注意事項

1 抗体検査や定期予防接種を受ける時点で、住民登録している住所とクーポン券に記載されている市区町村名が同じでなければ利用することができません。(野辺地町から転出した際は、転出先の市区町村から改めてクーポン券を発行してもらってください。)

2 野辺地町集団総合健診は抗体検査のみ実施しています。(抗体検査の結果により予防接種が必要となった場合は、本事業に参加している全国の医療機関等で接種してください。)

3 今年度用のクーポン券の有効期限は次のとおりです。(抗体検査券:2020年2月、予防接種券:2020年3月)

※有効期限までに抗体検査等を実施していない対象者へは令和2年春頃に来年度用クーポン券を個別通知いたします。(2022年3月31日まで公費で受けられます。)

お問い合わせ
野辺地町健康増進センター 健康づくり課
0175-64-1770  FAX 0175-64-8083