野辺地町障がい者支援計画

計画の位置づけ

 野辺地町では、障害者基本計画及び障害福祉計画のほか、児童福祉法の改正により新たに市町村で策定することが定められた障害児福祉計画を一体的に策定しています。

野辺地町障がい者支援計画(平成30年度~平成32年度)

 

障害者基本計画

 障害者基本法第11条に基づく障がい者のための施策に関する計画です。保健、医療、福祉、雇用、教育、就労、広報・啓発等に関する基本的な事項を定める中長期の計画になります。なお、障害者基本計画は、保健・福祉や教育、居住環境など障がい者に関するあらゆる分野を網羅した障がい者福祉に関する総合的な計画です。

 

障害福祉計画

 障害者総合支援法第88条に基づき、国の定める基本指針に即した障害福祉サービス等の確保に関する計画です。障害福祉サービス等の必要量の見込み、整備、人材の養成等について定めます。なお、障害福祉計画は、障害者基本計画と整合性を図りつつ、障害福祉サービスや相談支援の種類ごとに必要量を見込み、地域生活支援事業の種類ごとの実施に関すること、また、それらの提供体制について計画します。

 

障害児福祉計画

 児童福祉法第33条に基づき、国の定める基本指針に即した障害児通所支援や障害児相談支援の確保に関する計画です。なお、障害児福祉計画は、障害者基本計画と整合性を図りつつ、障害児通所支援や障害児相談支援の種類ごとの必要量を見込むとともに、提供体制について計画します。

お問い合わせ
介護・福祉課(健康増進センター内)
0175-65-1777 
FAX 0175-64-8518