水道料金

1.水道料金の算定

水道料金は、基本料金と超過料金との合計額に消費税を加算して得た額です。(1円未満切り捨て)
毎月の20日前後にメーターの検針を行い、その使用水量をもってその月の料金を算定し、翌月に請求をいたします。
(例:10月水道料金→8月20日前後から9月20日前後までの使用水量によるもの)

用途 基本料金 超過料金
(1m³につき)
水量 1か月につき
一般用 10m³まで 1,296円 172.8円
団体用 10m³まで 1,944円 216円
営業用
工業用
浴場営業プール用 100m³まで 10,800円 183.6円
船舶給水用 10m³まで 1,944円 216円
臨時用

観賞用

  1. その月の使用水量が10m³までの場合は、基本料金のみとなります。
  2. その月の使用水量が0m³の場合は、基本料金の1/2となります。(一般用648円、団体・営業用等972円)

[算定例]

メーター
検針
メーター
指示数
使用
水量
水道料金(一般用)
基本料金(a) 超過料金(b) 合計
(a+b)
8月 200m³
9月 245m³ 45m³ 1,296円 (45-10)m³×172.8円=6,048円 7,344円
10月 285m³ 40m³ 1,296円 (40-10)m³×172.8円=5,184円 6,480円
11月 329m³ 44m³ 1,296円 (44-10)m³×172.8円=5,875.2円 7,171円

2.冬期間の水道料金

冬期間は積雪のため水道メーターの検針ができませんので、1~4月の水道料金は、前2か月間(10~11月)の平均使用水量による推定水量で算定します。

平均使用水量⇒(40+44)m3÷2か月=42m3(6,825円)

この場合の水道料金は、4月のメーター検針で実際の使用水量を確認し、5月分の水道料金で過不足を調整します。
なお、冬期間において、長期間留守にしたり、家族の増減により使用水量が大幅に変わると思われる方は水道課までお知らせください。

〈例〉

  • 凍結予防のため水を出しっぱなしにする
  • 消雪のため水道を使用する
  • 凍結で水道管が破裂した
  • 家を長期間留守にするため水道を使用しないなど

3.水道料金の支払方法

水道料金の支払いは、口座振替、郵送納付、窓口払い、集金の4つの方法があります。

口座振替によるお支払い

口座振替の手続きをすることで、金融機関の口座から毎月自動的に水道料金を振替します。
◎振替日‥‥毎月27日(ただし、土・日・祭日の場合は、次の営業日)
◎口座振替の申込方法

  • 新規の場合
    町内の金融機関と水道課窓口に備え付けてある「水道料金口座振替依頼書」に記入押印のうえ、お客様の口座のある金融機関または水道課窓口へお申し込みください。なお、町内に店舗がある金融機関であれば、どこの本支店でもお取り扱いできます。
  • 転居する場合
    町内で引越しする人で、これまでと同じ口座で振替希望する場合は、水道課窓口へ「水道使用異動届」を提出するときにお知らせください。

納入通知書によるお支払い

毎月お届けする「水道料金納入通知書」で最寄の金融機関(郵便局を除く)または水道課窓口でお支払いください。
◎納入期限‥‥毎月10日

窓口払い・集金によるお支払い

◎納入期限‥‥毎月10日

お問い合わせ
水道課
0175-64-2111(代表)
FAX 0175-64-6837