妊婦の救急時対応に備えた情報提供システム

町内産科医療機関がなくなったことを受け、平成19年度から消防署救急部門と妊婦さんの情報を共有して、万が一の場合に早急に対応できるような体制づくりをしています。
※この情報提供システムは、あくまでも妊婦さんの情報を野辺地消防署救急隊が事前に把握しておくことで、万が一の救急対応がスムーズにいくためのものです。実際の状況において、妊婦さん以外の利用者も同様に、すべての安全の確約がされるものではありませんので、ご理解ください。

申請先

健康増進センター 健康づくり課
 ※母子健康手帳交付時に消防への情報提供について説明し、同意をいただいておりま
  す。妊娠途中などで新たに情報提供したい場合は、ご連絡ください。また、情報提
  供後に名字や住所に変更があった方もご連絡ください。

救急時の手順

①異常があった時は、最初に、いつも妊婦健診を受けているかかりつけ医療機関へ連絡し、指示を仰ぐ。

②かかりつけ医より、かかりつけ医かその他医療機関へ救急車で行くよう指示があった場合、救急車(119番)へ電話する。

③十和田市の通信司令室につながるため、電話口の救急隊員に下記のことをお伝えください。

  • 自分の名前や住所
  • 妊婦であること、かかりつけ医の指示等
  • 「妊婦の救急時対応に備えた情報提供システム」に登録している(野辺地消防署へ情報提供している妊婦である)こと
お問い合わせ
野辺地町健康増進センター 健康づくり課
0175-64-1770  FAX 0175-64-8083
0175-64-8080(保健師直通)