地域包括支援センター

1.地域包括支援センターとは

保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーが中心となって、介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援が行われます。

介護予防マネジメント

介護予防対象者の選定や介護予防プランの策定、評価などを行います。

地域支援の総合相談

介護保険だけではなく、さまざまな制度や地域資源との連携による制度横断的な支援を行います。

権利擁護、虐待の早期発見・防止

高齢者の人権や財産を守る権利擁護事業の拠点として、成年後見制度の活用促進や虐待の早期発見・防止を進めます。

ケアマネジメント支援

包括的・継続的なケアマネジメントが行われるよう、地域のケアマネジャーの後方支援を行います。

2.地域支援事業サービスの利用

介護認定で「非該当(自立)」と認定された人や、介護が必要となるおそれのある人は、地域支援事業として提供するサービスを受けることができます。
サービス計画は、地域包括支援センターが作成します。

3.二次予防事業

生き生き教室

基本チェックリスト「運動」「栄養」「口腔機能」「閉じこもり」「認知症」「うつ」いずれかにおいて注意が必要と判定された方を対象に介護予防プログラムを行います。主に移動能力の低下が著しく送迎がなければ教室参加が困難な方。

貯筋教室

基本チェックリスト「運動」「栄養」「口腔機能」「閉じこもり」「認知症」「うつ」いずれかにおいて注意が必要と判定された方を対象に介護予防プログラムを行います。徒歩や交通手段を利用して会場まで来ることが可能な方。

4.一般高齢者事業

介護予防教室

はまなす教室
転倒・認知症予防及び口腔機能向上を目的としたプログラムを行います。
ご自分で会場まで行くことが可能な方が対象となります。

体力・交流推進事業(お達者教室)
主に体力低下、閉じこもり予防を目的としたプログラムを行います。
送迎がなければ会場まで行くことが困難な方が対象となります。

介護用品支給事業

家族介護者に対する身体的・精神的・経済的負担を軽減するため、介護用品を支給します。

認知症高齢者安心外出登録事業

徘徊の恐れのある認知症高齢者の情報を必要な関係機関に登録します。

要援護者除雪対策事業

一人暮らし及び高齢者・障害者世帯の除雪を行います。

お問い合わせ
介護・福祉課(健康増進センター内)
0175-65-1777 
FAX 0175-64-8518