令和3年度事業用固定資産税の減免について

新型コロナウィルス感染症の影響により、昨年より収入が減少した中小企業者・小規模事業者に対して来年度(令和3年度)の固定資産税を減免します。

●対象となる事業者

 ①資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人

 ②資本金または出資金を有せず、常時使用する従業員が1000人以下の法人

 ③常時使用する従業員が1000人以下の個人

●減免となる条件

 令和2年2月から10月までの連続する3カ月間の収入が前年から3割以上減少していること。

●減免内容

 事業に使用している家屋と償却資産にかかる固定資産税を以下の通り減免します。(土地は対象外です)

 収入が5割以上減少⇒全額減免

    3割以上減少⇒2分の1減免

●申告方法

 ①野辺地町の申告書様式を入手

  町HP(ここ)のほか、税務課窓口で用意しています。電話請求による郵送も対応します。

 ②申告書様式に必要事項を記入・押印

 ③申告書の内容について、「認定経営革新等支援機関等(※)」による確認をしてもらう。

 ④野辺地町税務課へ申告書等を提出。

※「認定経営革新等支援機関等」とは?

 ・認定経営革新等支援機関の認定を受けた税理士、公認会計士又は監査法人、

  中小企業診断士、金融機関(銀行、信用金庫等)

 ・認定経営革新等支援機関に準ずるもの

  例)都道府県中小企業団体中央会、商工会議所、商工会、漁業協同組合、農業協同組合

 ・そのほか各地の青色申告会連合会、青色申告会、税理士、税理士法人、公認会計士、

  監査法人、中小企業診断士など

●申告締切

令和3年2月1日(月)

 

お問い合わせ
税務課
0175-64-2111(代表)
FAX 0175-64-9594