町職員の懲戒処分について(平成30年2月6日付け)

当町職員の非違行為について、地方公務員法第29条に基づく懲戒処分を行いましたので公表します。  
 
▽被処分者
  所属・職名   建設環境課 主査
  年齢・性別   32歳 男
▽処分期日
  平成30年2月6日
▽処分内容
  停職1箇月
▽事案概要及び処分理由
   当該職員は、異動前の平成27年度及び平成28年度に担当していた町民課国民年金事務において、上司から再三に渡って指導を受けていたにもかかわらず、届出のあった申請書等の適切な処理を怠り、長期間放置していた。
 また、平成29年6月から平成30年1月までの間、上司から再三に渡って指導を受けていたにもかかわらず、欠勤を33日と2時間45分繰り返した。
 これらの行為は、地方公務員法第32条(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)、第33条(信用失墜行為の禁止)及び第35条(職務に専念する義務)の規定に違反することから処分したものである。
▽その他関係職員の処分
   国民年金事務の不適正処理に係る管理監督責任として、同日付けで、当時の所属課長を口頭により注意した。
▽町長から
   この度の当該職員の行為は、公務員としての職務上の義務に違反し、町政の執行及び職員全体の信頼・信用を著しく失墜させるものであります。
 全庁あげて綱紀粛清及び服務規律確保に取組んでいる中、このような事態を招いたことに対しまして、町民及び関係者の皆様に心からお詫び申し上げます。
 今後このようなことがないよう、今まで以上に職員への指導を徹底し、再発防止と町民皆様の信頼回復に全力を尽くして参ります。
お問い合わせ
総務課
0175-64-2111(代表)
FAX 0175-64-9594