常夜燈

じょうやとう

江戸時代、野辺地湊は盛岡藩有数の商港で多くの北前船で賑わいをみせていました。船が安全に出入りできるよう1827年(文政10年)に野辺地の廻船問屋野村治三郎によって建てられました。現在は、北前船の寄港地として栄えた歴史を伝える町のシンボルです。

  • 野辺地町のシンボル常夜燈
  • 野辺地町のシンボル常夜燈
  • 夕暮れ時の常夜燈
  • 夜の星空と常夜燈
  • おすすめスポット
  • 史跡・文化財
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 9月